新規サイトでもいきなり上位表示する方法! - ソーシャルメディア集客術SEO/SMO情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

新規サイトでもいきなり上位表示する方法!

新規サイトでもいきなり上位表示する方法GoogleにはWEB上で急激に話題になっている
ページを一時的に上位表示させるアルゴリズム
がありますので今回リンクポピュラリティとの
関連性について解説したいと思います。
Google QDFアルゴリズムとは!?

リンクポピュラリティ


リンクポピュラリティに関する相談や質問が多かったのでリンクポピュラリティQDFを記事に致します。




Goole QDF(Query Deserves Freshness)


このアルゴリズムはホットエントリーと親和性高く、ホットエントリーした記事が


TwwiterやFacebookなどで話題となった結果、新規サイトの記事が


いきなり検索結果の1ページ目に表示される事があります!


アンカーテキスト


リンクが張られる際<a href="リンク先URL">内部リンクと被リンクのリンクの貼り方</a>


アンカータグで囲まれたテキストリンクを使いますが、検索エンジンはこのアンカーテキスト情報を
使って、そのリンク先のコンテンツに何が書かれているかをクローラーが判断しているのです。


ブロク記事リンクポピュラリティ獲得で順位が上位表示される理由!でリンクポピュラリティの関連性の
重要性を解説しましたが、このアンカーテキストは複数あるページ同士の関連性


強く強化するために重要な役割を果たします!!


そのため上記のような<a href="リンク先URL">内部リンクと被リンクのリンクの貼り方</a>
などのアンカーテキストタグで囲みリンクが張られてしまうと関連性が強化されませんので注意が必要です。


アンカーテキストがSEOの重要だからといってアンカーテキストにキーワードを
詰め込もうとするケースをよく見かけますがGoogleはそのような不自然なリンクを見かけた際


ペナルティーを課すことがあります!


自然にリンクが張られた場合、アンカーテキストにキーワードが詰め込まれるのはおかしいですし
被リンク元のアンカーテキストが、ほとんど同じという状態は有り得ません。


多くのファンからサイトが支持されている場合、リンクでの紹介のされ方は多種多彩のはずです。


リンクエイジ(リンクの年齢)とリンクの継続的増加


リンクエイジ(リンクの年齢)


リンクが張られている期間年齢を指しており、人気のあるサイトなら
一度張られたリンクがそう簡単に外される事は無いという考え方に基づく要素です。


継続してリンクが貼り続けらられているということはリンク元が、リンク先に対して長い間
サイトの支持を表明し続けており、長年に渡るファンであるということが言えます!


この考え方に基づくと1ヶ月前に張られたリンクと1年間貼られ続けているリンクとでは


1年間の方が重みのあるリンクだと言えます!


但し、リンクエイジの要素だけでは古くから運営されているサイトより高い評価を得ることは難しいです。
古くからあるサイトには、すでにリンクエイジに高い被リンクが貼られているからです!


そのバランスを取るためのアルゴリズムが用意されているリアルタイムで話題のコンテンツを評価する


Google QDFアルゴリズムです!


リンクの継続的増加


リンクの継続的な増加も判断要素の1つだと言われています。


人気のあるサイトには一時的なブームのようなものは存在せず、継続的にリンクが張られ
集まるだろうという考え方です。日々ソーシャルメディアなどで取り上げられ続けることで


上位表示を継続しているサイトが多くあります!


検索エンジンが不自然なリンクを判断する要素としてアンカーテキストの分散以外に

リンクエイジ(リンクの年齢)リンクの継続的増加という要素があると言われています。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
サイト作成ツールSIRIUS『シリウス』

この記事はあなたのお役に立てましたか?

もし誰かの役に立ちそうだと思っていただけたなら、下のボタンから共有をお願いします

あなたの応援のおかげで明日も頑張って記事が書けます

にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネスへ
コメント
非公開コメント

 

トラックバック

http://socialmagazine.blog.fc2.com/tb.php/13-70a5ae7d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。