被リンク関連性アルゴリズムの基本はコンテンツマッチ - ソーシャルメディア集客術SEO/SMO情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

被リンク関連性アルゴリズムの基本はコンテンツマッチ

被リンク関連性アルゴリズムの基本はコンテンツマッチリンクポピュラリティにおける関連性を評価す
る指標としてコンテンツマッチという考え方が
あります。このコンテンツマッチには3つの考
え方がありますので今回は記事にしたいと思い
ますので是非ご覧下さい!

被リンク関連情報


リンクポピュラリティについては以前にも記事にしていますが被リンクの関連性などについて
いろいろな方からの相談と質問が多かったので関連性アルゴリズムのコンテンツマッチについて解説します。


被リンクの概念についてはリンクポピュラリティ獲得で順位が上位表示される理由!で記載しています!

Google QDFアルゴリズムについては新規サイトでもいきなり上位表示する方法!で記載しています!


ページタイトルとの関連性(タイトルマッチ)


ページタイトルとリンク元のタイトルに同じキーワードが入っている場合
2つのページの関連性はクローラーから高いと判断されます。

リンク先とリンク元で、それぞれのタイトルにキーワードが入っている


リンク先のタイトル:SEO/SMOトレンドニュース

リンク元のタイトル:ソーシャルメディア集客術SEO/SMO情報

これはサイト内においても同様の事が言えます。内部ページの各タイトルに共通する
サイトタイトルをリンクとして張ることは、サイト内のページ同士の関連性を高める上で最も重要です。


内部ページの各タイトルに[ソーシャルメディア集客術SEO/SMO情報]とサイトタイトルが入っている


内部ページタイトル1:SNSトレンド関連ニュース│ソーシャルメディア集客術SEO/SMO情報

内部ページタイトル2:アクセスアップのマーケティング情報│ソーシャルメディア集客術SEO/SMO情報




リンク元の本文(コンテンツ)との関連性


Google Yahoo Microsoftの3大検索エンジンがセマンティックウェブの技術を導入し


検索大手3社がセマンティックウェブ導入環境の改善をしました!


セマンティックウェブとはWEBページのソース中に書かれた内容について
その内容をコンピューターが効率よく情報を収集や解釈できるようにするための技術です。


HTMLソース内のタグを細かく解析することでHTMLソース内のどの部分の
どのテキストが重要かを判断する能力が向上すると言われています。


現在Googleでは、ページ内のヘッダー│フッター│サイドバー│コンテンツといったエリアの
分類を解析して、どこに重要なコンテンツが書かれているかを、より正確に理解するように
なったと言われています。リンクが設置された際もそれがどういうリンクなのか判断しているのです!


リンクを囲む前後の文章から判断していると言われています!!




リンク元の(さらにリンク元)との関連性


関連性アルゴリズムでは、リンク元との関連性だけでなく、リンク元の


さらにリンク元との


関連性も重視されますので、その場合の関連性も前述のタイトルマッチに沿う形で決定されます。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
サイト作成ツールSIRIUS『シリウス』

この記事はあなたのお役に立てましたか?

もし誰かの役に立ちそうだと思っていただけたなら、下のボタンから共有をお願いします

あなたの応援のおかげで明日も頑張って記事が書けます

にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネスへ
コメント
非公開コメント

 

トラックバック

http://socialmagazine.blog.fc2.com/tb.php/14-c0fb85b8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。